スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年賀状、頑張れ! 

nengajo.gif


こんばんは、e-naです。


この週末は年賀状を書いている人が多いのではないでしょうか?

e-naは年賀状にはかなりの思い入れ(こだわり)があって、小学生のころから最近の酉年まで、必ずオリジナルデザインで手作りの年賀状をつくっていました。

ある年は木版画、次の年は水彩の手描き、その次はシルクスクリーン(文房具屋さんで簡単なのを売ってます。それを4版くらい刷り重ねる)、その次は熱を加えればエンボス加工できるものを使って、盛り上がったところがあるものを作ってみたり。

かなり頑張りましたね。

忙しい時は一部はPCで印刷、仕上げは手描きと組み合わせたりしていました。
(たとえば、黄色のボディをPCとプリンターで出して、トラ模様を、インクで筆で入れる、とか。)

これを長い間、家族の分もすべて私一人でつくっていました(最盛期600枚ほど)。だからこの時期3日くらい睡眠を削りまくりで。

なぜ、そこまで続けたかというと、もちろん自分がそうしたかったからなんですけど、そういう年賀状を相手の方がずいぶんと喜んで下さるので、やめれなくって(^-^;)。

でも、もう、忙しくてどうしても無理で、限界だったから、ついに戌年以降、完全PCになっちゃいました。


だから、せめて、1年に一度、自分の言葉で必ず直筆でメッセージを入れます。

私は宛名も、その人のことを考えながら手書きで書きます。

私は両面印刷だと名刺をいただいたみたいで、寂しいと感じてしまうのです。
その人の存在があまり伝わってこないような気がして。

やっぱりいただいた年賀状に、私のためにメッセージを一言書いてくださっているとすごくうれしいですよね。

どこかに直筆を入れることで、心をこめることができると思うんです。
せっかくの年賀状だから相手の方を「寿ぐ(ことほぐ)」言葉を贈りたいんです。

便利な世の中になっても、相手の人の幸せを1年に一度祈る時間をもつことは大切なことではないでしょうか?(^-^)



ーおしまいー


↓よろしければ(^-^;)
人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking


[ 2008/12/21 20:57 ] 季節の話題 | TB(0) | CM(2)
e-naさんの記事を読み、深く反省・・・
私は20代半ばぐらいまでは、自分で考えたイラストを描いて、宛名も手書きでした。
いつからだろう?両面印刷になってしまったのは??
せめて一言は必ず書きますが、「元気ですか?」とか「ご無沙汰しています」だけじゃ寂しいですよね。
そもそもデザインを外注しているわけですから、温かみが伝わらないし。

来年は事前準備をしっかりして、もっと頑張ってみようと思いました。
一年に一度の年始のご挨拶・・・大切にしなきゃいけないですね。
[ 2008/12/22 09:03 ] ぴーなつ母 [ 編集 ]
私のブログすべて、見て下さっていつもメッセージありがとうございます。とても嬉しいです。

年賀状、忙しいとなかなか凝ったことはできませんよね。
ぴーなつ母さんのように一言書いているだけでも、十分うれしいですよ。
「元気?」を書いているときに、絶対に自分のことを考えて文字を書いてくれていて、その文字には、その人の心が入っていると感じますから(^-^)。

ところでe-naの絵、ほめて下さってありがとうございます。当初、e-naとノラ家、どっちが主になるかな?と思っていましたが、ノラ家でしたね。
e-naは10年前、まだブログがないHPの時代にちょっと人気になったことがあるんですよ。

でもここはひっそりブログなので、どうぞお気づかいなくね(^-^)。
[ 2008/12/22 11:28 ] ノラドラ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

e-na(イーナ)

Author:e-na(イーナ)
いらっしゃいませ。今日もお疲れ様です。e-naです。多忙で自分を見失いがちな日々、少しでも本来の自分に戻って、明るく温かな気持ちになり、健康になっていくための心の休憩所です。かつて身体を壊し、克服した経験から、不調を抱える人が、癒されていくようにこのブログを作りました。

~お願い~
もし気に入っていただけましたら、一押ししていただけると、すごく励みになります。

FC2Blog Ranking

どうもありがとうございました。
最近のトラックバック
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。