スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

使い回しなんかせずに… 

ここのところ、船場吉兆から始まって、名古屋のしゃぶしゃぶの残りとか、賞味期限切れ刺身とか「使い回し」が発覚するニュースが多くて、日本人のモラルが低下していてとても残念ですね。

そこで、いつも思い出すことがあります。
私が学生の頃、京都の有名な料亭でアルバイトをしたことがありました。
ryoutei.jpg


そこでは、お客さんが帰ると、従業員さんによっては、私たちを連れて片付けに行くと、さっと障子を閉めてくれて、「さあ、たーんとお食べ!」
と言って、手つかずのお料理を食べさせてくれる人がいました。
貧乏学生の私たちへの温かい配慮。本当にうれしかったし美味しかった!

また、すぐに食べなくても、蓋つきのお料理で手つかずのものは、どうせ捨てるだけなので当然のように従業員のくつろぐ部屋に運んでよいことになっていて、みんなでタッパーに入れてお料理を持って帰ることができました。
従業員さんはとてもありがたがっていました。だって、どれもこれもすごくおいしいんですよ~。

この料亭、賄いのお料理も美味しくて、これもずいぶんタッパーに入れて持って帰って次の日のごはんのおかずにしたものです。

板長は板前さんたちには怖い人だったけど、私たちバイトには優しくて、「座って(隠れて)たべろ」と、ときどきお料理を味見させてくれたし、女将さんも、おいしいお菓子をどなたからかいただくと、必ず従業員の部屋に持ってきてくれました。
今思えば、従業員をとても大切にする料亭でした。

学生の頃とはいえ、美味しいものはこの時期にかなり食べましたよ。
本当に楽しい思い出です。

残り物を使い回すのではなくて、従業員で持って帰ったり食べたりすればいいのに…。
そうすれば、きっと従業員さんもお店のために頑張れると思うのですが、いかがでしょう?


[ 2008/06/26 16:37 ] 提案 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

e-na(イーナ)

Author:e-na(イーナ)
いらっしゃいませ。今日もお疲れ様です。e-naです。多忙で自分を見失いがちな日々、少しでも本来の自分に戻って、明るく温かな気持ちになり、健康になっていくための心の休憩所です。かつて身体を壊し、克服した経験から、不調を抱える人が、癒されていくようにこのブログを作りました。

~お願い~
もし気に入っていただけましたら、一押ししていただけると、すごく励みになります。

FC2Blog Ranking

どうもありがとうございました。
最近のトラックバック
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。